パントテン酸の生理作用と食事摂取基準

パントテン酸は、ギリシャ語で”あらゆるところに”という意味があり、その名のとおり、あらゆる食品に含まれているため、栄養状態が悪くならない限り滅多に不足しません。ビタミンB5とも呼ばれるパントテン酸は、体の中でエネルギー消費の補酵素となったり、ビタミンCの作用を助ける役割があります。

パントテン酸が必要な人

  • 妊婦・授乳婦
  • 食欲不振の人
  • ストレスの多い人
  • 風邪をひきやすい人
  • 口内炎の人
  • 動脈硬化の予防をしたい人

パントテン酸の生理作用

パントテン酸は、炭水化物(糖質)や脂質が燃焼してエネルギーに変換される際の補酵素として働きます。また、副腎皮質ホルモンの合成に関わります。更にビタミンCの作用を助け、傷ついた皮膚の回復に役立つほか、髪のダメージの改善を助ける役割も持っています。

パントテン酸の過剰症

パントテン酸は過剰摂取しても体内で必要な分しか利用されず、残りは尿などと一緒に体外へ排泄されますので、過剰症の心配はありません。また、特に過剰症とよばれる症状は認められません。

パントテン酸の欠乏症

  • 低血糖症
  • 十二指腸潰瘍
  • 感染症
  • 腰痛
  • 副腎皮質機能低下
  • アレルギー
  • しわ
  • 脱毛
  • 早期老化

パントテン酸の吸収促進

  • ビタミンC
  • パラノミア安息香酸

パントテン酸の吸収阻害

  • カフェイン
  • 飲酒
  • 熱に弱い
  • 酸に弱い
  • 水に溶ける

パントテン酸の食事摂取基準

パントテン酸の摂取基準
年齢(歳)1日の推奨量 (mg)上限量(mg)
0~5(月)4
6~11(月)5
1~233
3~544
6~755
8~965
10~1176
12~1476
15~1775
18~2955
30~4955
50~6965
70以上65
妊婦(付加量)+1
授乳婦(付加量)+1

資料元: 厚生労働省2010年版食事摂取基準より

パントテン酸の上限量の定めはありません。

パントテン酸を多く含む食品

パントテン酸は主にレバー、魚介類、納豆などに多く含まれていますが、ほとんどの食品に含まれるため、欠乏症はほとんどみられません。特に過剰症も認められないので、普通の食生活において、あまり気にする必要のないビタミンでが、コーヒーやお酒を多く飲む方や食欲不振の時、妊婦・授乳婦は、パントテン酸が含まれる食品を意識して摂取しましょう。


食品名1食分(g)含有量(mg)
鶏レバー505.0
豚レバー503.5
牛レバー503.2
子持ちカレイ100(1切)2.4
ニジマス100(1尾)2.3
納豆501.8
鶏もも肉(皮なし)701.5
タラコ40(1/2腹)1.47
うなぎ蒲焼100(1串)1.29
アボガド70(1/2個)1.15
銀鮭80(1切)1.09
カラフトマス80(1切)1.09
牛ヒレ肉801.02
さつまいも100(1/2本)0.96
イワシ80(1尾)0.93
モロヘイヤ500.91
干しシイタケ10(大2個)0.79
50(1個)0.72

パントテン酸含有健康食品