ビタミン様物質の種類と作用

ビタミン様物質は体内においてビタミンに似た重要な働きをするものやその作用を助ける成分のことをいいます。体内で合成され、欠乏症が起きないことから、他のビタミンとは区別されているので、生命維持やエネルギー代謝の補助のために摂取が必要というよりも健康維持や疾病予防の観点から有用な役割が注目されています。

ビタミン様物質リスト(その1)

ビタミンの名前が付いているものから付いていないものまで様々な種類があるビタミン様物質ですが、ビタミンに負けない有効作用を備えた代表的な10種類の成分を2ページに分けて列記します。

ビタミンB13(オロット酸)

ビタミンB13は、水溶性でオロット酸とも呼ばれています。葉酸やビタミンB12の代謝を補助する作用があり、肝臓障害や早期老化を予防する効果が期待されています。

体内での作用
葉酸やビタミンB12の代謝、肝機能正常化、早期老化防止
多く含む食品
根菜類、小麦胚芽、ビール酵母など

ビタミンB15(パンガミン酸)

ビタミンB15は、水溶性でパンガミン酸とも呼ばれています。ビタミンEに似た抗酸化作用があり、肝臓の解毒作用向上、免疫力向上、アンチエイジングの効果が期待されています。

体内での作用
抗酸化作用、細胞寿命の延命、肝臓解毒作用の向上、免疫力向上、疲労の早期回復
多く含む食品
無精白の穀類、かぼちゃの種、ゴマ、ビール酵母など

イノシトール

イノシトールは、水溶性でビタミンB群の仲間です。抗脂肪肝ビタミンという別名があり、体内での脂肪やコレステロールの流れを良くします。主に神経の細胞膜を構成するリン脂質の重要な成分でもあり、脳細胞の栄養供給や神経機能の維持に不可欠な存在です。

体内での作用
リン脂質の成分、脳細胞への栄養供給、神経機能正常化、毛髪維持、湿疹予防、脂肪とコレステロールのエネルギー代謝補助
多く含む食品
オレンジ、すいか、桃、サツマイモ、トマトなど
1日に摂取する目安量
500mg~2000mg

コリン

コリンは水溶性ビタミンの仲間で、細胞膜を構成するレシチンの材料となります。レシチンは、コレステロールの沈着や肝臓に脂肪が溜まらないように働くので、肝硬変や動脈硬化、高血圧の予防が期待できます。また、コリン自体に脳の記憶形成を助ける働きがあります。

体内での作用
レシチンの構成成分、血管拡張作用のある神経伝達物質の成分、脂肪とコレステロールのエネルギー代謝補助、肝臓の脂肪貯蔵量調節、コレステロール値正常化
多く含む食品
豚・牛レバー、卵、大豆、ささげなど
1日に摂取する目安量
500mg~2000mg

パラノミア安息香酸

パラノミア安息香酸は、PABAとも表示される水溶性でビタミンB群の仲間です。体内で葉酸が合成されるときに構成成分として不可欠な存在です。また、パントテン酸の吸収効果を高める作用があり、更に腸内の有用菌の繁殖をよくする性質があるので、間接的にビタミンB群の生成を助けます。

体内での作用
葉酸合成の構成成分、腸内有用菌の繁殖、たんぱく質代謝、パントテン酸の吸収向上、白髪・しわの予防、紫外線からの皮膚の保護
多く含む食品
豚・牛レバー、卵、大豆、ささげなど
1日に摂取する目安量
500mg~2000mg