ミネラルの特徴と働き

ミネラル(無機質)とは、人体を構成する酸素、炭素、水素、窒素以外の元素を指します。体重に占めるミネラルの割合は4%であり、残り96%は人体を構成する炭水化物、たんぱく質、脂質、水などの有機化合物である、酸素、炭素、水素、窒素が占めます。ミネラルは燃焼すれば灰として残りますが、有機化合物は燃え残りません。ミネラルは、尿や汗によって日々、一定量が排泄されているため、欠乏症が起きやすいという特徴があります。ミネラルの摂取が不足した場合は排泄を抑制し、摂取過剰の場合は排泄を促進するよう腸や腎臓が調節していますが、過剰摂取が長期にわたれば過剰症を引き起こす可能性もあります。

ミネラルの分類と主な作用

人の健康に必要不可欠なミネラルは16種類が知られています。その中で体内に多く存在するものを主要ミネラル、極めて少ないものは微量元素ミネラルとそれぞれ2つに分類されています。厚生労働省の日本人の食事摂取基準では16種類の内、13種類が示されています。ミネラルの主な働きとしては、骨や歯などの構成成分、体液中でpHや浸透圧の調整、酵素の構成成分や活性化、筋肉や神経の興奮の調節をするなどがあり、互いに協力しあって、一定のバランスを取りながら働いています。

主要ミネラルと主な作用

カルシウムやリンなどの7種類の元素が主要ミネラルで、体内のミネラル存在量の99%以上を占めています。

主要ミネラルの種類と主な生理作用
ミネラル名 体内での分布 主な生理作用
カルシウム(Ca) 骨・歯、血液、筋肉、神経 骨や歯を形成、神経の興奮抑制
リン(P) 骨、歯、筋肉など全細胞 骨や歯を形成、糖質代謝に関わる
カリウム(K) 全ての細胞内 細胞内液の浸透圧、心臓や筋肉の機能調節
イオウ(S) 毛髪、爪、皮膚 皮膚・髪・爪を形成、酵素活性に関わる
ナトリウム(Na) 血清、細胞外液 細胞外液の浸透圧、筋肉・神経の興奮抑制
塩素(Cl) 細胞外液(血漿など) 胃液の主成分、殺菌と消化促進
マグネシウム(Mg) 骨・歯、筋肉、脳、神経 約300種の酵素活性、神経の興奮抑制

微量元素ミネラルと主な作用

鉄や亜鉛など所要量が極わずかな微量元素ですが、人の体には欠かすことのできない必須ミネラルです。

微量元素ミネラルの種類と主な生理作用
ミネラル名 体内での分布 主な生理作用
鉄(Fe) 赤血球、筋肉、肝臓 赤血球のヘモグロビン必須成分、酸素を運ぶ
亜鉛(Zn) 内臓、毛髪、血液 たんぱく質合成に関わる
銅(Cu) 骨、内臓、毛髪、血液 赤血球のヘモグロビン合成に関わる
ヨウ素(I) 甲状腺 発育促進、基礎代謝を促進
セレン(Se) 肝臓、腎臓 抗酸化作用、抗がん作用
マンガン(Mn) 内臓、毛髪、血液 糖質と脂質の代謝、骨形成に関わる
モリブデン(Mo) 肝臓、腎臓 プリン体と尿素の代謝に関わる
クロム(Cr) 内臓など全細胞 糖質と脂質の代謝に関わる
コバルト(Co) ビタミンB12の構成成分、造血作用

この他に必須性が指摘されているミネラルが数多くあります。ただし、水銀のような重金属はミネラルの仲間ですが、有害物質なので注意が必要です。

ミネラル摂取と生活習慣病

食事によるミネラル摂取の過不足により様々な症状が現れます。代表的なものではナトリウムの摂り過ぎによる高血圧、鉄欠乏による貧血やカルシウム不足に起因する骨粗鬆症、ヨウ素の過不足による甲状腺腫などがよく知られています。ミネラルの慢性的な過不足状態が続けば、体に不調をもたらし、様々な疾病を引き起こしかねず、心臓病や脳卒中、糖尿病、がんなどといった生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

ミネラルの生理作用と年代別食事摂取基準