脂質・脂肪酸

人体や食物に存在する脂質の大半は中性脂肪であることから、「脂肪」と聞けば中性脂肪をイメージされると思います。中性脂肪は、1g当たり9kcalのエネルギー源となり、胃に長く停滞する性質があるため満腹感を得やすく、脂質と同時にビタミンAやビタミンD、ビタミンEなどの脂溶性ビタミンを摂取するすると吸収率が上昇するという特徴があります。人体に存在する中性脂肪は、断熱材や緩衝剤の役割を果たします。

脂質

脂質は水に溶けず、アルコールなどの有機溶媒に溶ける性質を持っており、脂肪酸、アルコールやグリセリン、リン酸の結合の種類によって、中性脂肪(単純脂質)、リン脂質(複合脂質)、コレステロール(誘導脂質)の3タイプに分類されます。

中性脂肪

脂肪細胞中に存在し、貯蔵エネルギー源となります。飽和脂肪酸を多く含む中性脂肪は常温で固体となり、不飽和脂肪酸を多く含む中性脂肪は常温で液体となるように、中性脂肪は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合の違いで性質が異なります。動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取は、常温で固体となる中性脂肪が多くなり、血管内幕に付着し血管内が細くなることで高血圧になる傾向が強くなります。高血圧は動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

リン脂質

中性脂肪など単純脂質の一部にリン酸が結合した複合脂質の仲間です。エネルギーとして利用されませんが、たんぱく質と結合して細胞膜を構成したり、物質の透過調節を行ったりと、重要な役割を持っています。脳や神経組織に広く分布しています。

コレステロール

誘導脂質の仲間には、胆汁酸やホルモン、ステロール類があり、動物体に多く存在するのがコレステロールです。細胞膜の構成成分として体全体に分布しています。

脂質の代謝

食事によって得られる脂質の多くは、中性脂肪です。脂質は水に溶けない性質なので、血液中でも存在できるよう界面活性作用作用のあるリン脂質やたんぱく質と結合して、キロミクロンというリポたんぱくになります。中性脂肪は血液内に入ると、リパーゼの作用によって脂肪酸が遊離します。脂肪酸はアセチルCoAになって、酸化分解反応を受け分解されます。TCAサイクル(クエン酸回路)を経て二酸化炭素と水にまで分解されると、その過程でエネルギーの素であるATPが生まれます。摂取に脂質が摂取されると、中性脂肪となって脂肪組織に蓄えられ、その一部は毎日分解されて、新しいものと入れ替わります。

脂肪が燃焼しやすい人としにくい人の違い

細胞のミトコンドリアで行われるエネルギー生産の系をβ-酸化といい、いくつかの酵素反応によりアセチルCoAを経てTCAサイクル(クエン酸回路)に入りATPを生成します。β-酸化の酵素活性は、内臓では肝臓が最も強く、ついで心臓、肝臓と続きます。運動不足の人はこの酵素活性がとても弱く軽い運動をする時でも炭水化物(糖質)系を主なエネルギー源として利用されるので、蓄えられた脂肪はわずかにしか使用されません。また、運動不足な人は、最もエネルギーを消費する筋肉の量が少ないので、行き場を失った脂肪がよけいに蓄積されるようになります。

体脂肪の分解と燃焼

脂肪組織の代謝は肝臓の代謝の次に活発です。脂肪細胞のトリグリセリドは、ホルモン感性リパーゼの働きによって、脂肪酸とグリセリンに分解されます。そして、肝臓や筋肉、心臓などに運ばれエネルギーを供給します。脂肪酸が筋肉や心臓などでエネルギーとして使われる時は、ミトコンドリアの脂肪酸分解酵素系でアセチルCoAになります。このエネルギー生産の経路をβ-酸化といいます。β-酸化の酵素反応は、脱水素、付加水、脱水素、CoA付加の順に起きます。アセチルCoAとアシルCoAなどが生成され、これらはTCAサイクル(クエン酸回路)でATPの生成に使われます。

脂質・脂肪酸(分割ページ目次)

脂質のエネルギー効率対策健康食品

脂質の消化・吸収対策健康食品