食品添加物

私達は毎日約10gの食品添加物を摂取しているといわれ、驚くべきことにその量は1年でご飯茶碗20杯分(約4kg)以上になります。普段口にする殆どの食品に含まれる食品添加物は平成16年1月現在で指定添加物345品目、既存添加物489品目あります。国では「食べても害はない」と言いますが、実際に人間が何十年も摂取し続けた結果として言っているわけではありません。食品添加物の摂取は、短期的な害はなくとも長期的にどんな結果になるか誰にもわからないのが現状です。それ故、私達自身が長期的な人体実験中と言っても過言はないでしょう。

食品添加物と健康

前の説明で食品添加物の人体実験中と述べましたが、安全であるといわれていた添加物がある日突然、「害があったので使用を禁止します。」と国から発表があれば、安心して摂取していた自分は大丈夫なのかと不安になります。恐ろしい話ですが、過去に何度も起きているのです。例としては昭和40年代に人工甘味料の「チクロ」や殺菌剤の「AF2」が使用禁止になりました。食品添加物の実験結果によっては、「発がん性」「遺伝毒性」「アレルギー」が心配されるものがあり、近年のがん患者やアレルギー患者の爆発的な増加との関連付けは出来ませんが、少なくとも「体に良いもの」とはいえません。摂取してすぐに影響がないとはいえ、好んで摂取する必要性は全くなく、むしろ減らせるのであれば減らすに越したことはないと言えます。

天然添加物と合成添加物

天然添加物とは、天然物を原料として、天然そのもから取り出した成分や分解したものから取り出したものとされています。合成添加物とは、化学合成により作り出したものや天然添加物に化学反応を起こして使いやすい形にしたものです。原材料表示で天然添加物を使用していても食品表示には天然とは表示されません。安全性の確認は合成の場合、毒性試験を根拠としていますが、天然の場合は、以前より使用されているという理由から毒性試験を行っていないものもありますので、一概にはどちらが安全であるかを判断できません。

食品添加物のカラクリ

食品添加物は、加工食品品質表示基準により原材料の表示が義務づけれられていますが、条件によっては表示義務がなくなったり、数種類の食品添加物の組合せがひとつの名称となったりなど何が含まれているのかわからないといったものもあります。

食品添加物の原材料表示義務がない対面販売

コンビニやスーパーで販売している弁当には原材料表示があるのに弁当屋で販売している弁当には原材料表示がありません。これは容器に入れたり、包装された加工食品には、加工食品品質表示基準により、食品添加物を含めた原材料表示を表示しなければいけないという決まりがあるからです。しかし、対面販売で顧客の注文に応じてその場で弁当や惣菜などを詰めて販売する弁当屋等は基準の適応外となるため原材料表示がなされていません。その他にパンを店で焼いて陳列し、「1個○○円」として販売する場合や店で大きなハムを仕入れて、「100g○○円」として販売した場合も同様に基準の適応外となります。これらの食品にどのような食品添加物が使用されているかを知るためには、店員に聞かなければなりません。

食品添加物があっても表示免除されるケース

揚げ物の油に含まれる添加物
揚げ物をする時に、水分の多い野菜や魚介類などを油に入れると水分の蒸発により大量の泡が発生し、油が飛び散ります。食堂や工場などでは、大量の油を使用して大量の揚げ物をすることが多いため、油に泡が発生すると火傷や火災の危険性が高まりますが、この泡を消すために業務用の油にはシリコーンが添加されていることがあります。このような理由で油に添加されたシリコーンは、揚げ物にしみ込みます。ただし、ごく微量である上、揚げ物の原材料としては泡を消すという効果がないので、添加物としての表示が免除されます。
せんべいの醤油に含まれる食品添加物
醤油味のせんべいを作る時に使われる醤油ですが、保存料として安息香酸Naが添加されているものがよくあります。しかし、せんべいの味付けに使われる場合、醤油自体の保存効果は完成したせんべいには及ばず、せんべいの保存料としての効果がなくなるため、表示は免除されています。このため、使用された醤油に保存料が入っているかどうか不明なため、製造者に問い合わせをしなければなりません。

これらは身近なものの例ですが、このほかにも表示免除されるケースは多く存在しています。

無着色・保存料未使用の表示と食品添加物

最近、「無着色」「保存料は使用していません」という表示がされている商品が多くなりました。確かにこれらの商品では着色料と保存料は使用されていません。一見、食品添加物の使用が少なく安全な商品と見えますが、発色剤や酸化防止剤等は使用されている例が多く見受けられます。他では、納豆の「有機栽培国産丸大豆使用」という表示を見て、原料へのこだりに安心して購入したところ、「納豆のたれ」の小さな袋の中に食品添加物がたっぷり入っていたという例もあります。

正体不明な食品添加物

パンの食品添加物として有名なイーストフードは、1つの物質名ではありません。限られた16品目の食品添加物から数種類を選んで使用すれば、どのような組み合わせでもイーストフードを名乗れます。

イーストフードの添加物名(組合せ多数)
塩化アンモニウム、塩化マグネシウム、グルコン酸カリウム、グルコン酸ナトリウム、焼成カルシウム、炭酸アンモニウム、炭酸カリウム(無水)、炭酸カルシウム、硫酸アンモニウム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウム、リン酸三カルシウム、リン酸水素二アンモニウム、リン酸二水素アンモニウム、リン酸一水素カルシウム、リン酸二水素カルシウム

組合せが不明な食品添加物

1つの物質名ではなく、数種類の物質を組み合わせた時に表示できる名称が使用されているものはイーストフード以外にもあります。

組合せによる食品添加物名
ガムベース、かんすい、苦味料、酵素、光沢剤、乳化剤、酸味料、チューインガム軟化剤、調味料、ph調整剤、豆腐用凝固剤、膨張剤、香料など

食品添加物の分割ページ

食品添加物対策健康食品