ダイエットの疑問

ダイエットを考える中でいろいろと矛盾しているように感じられることや「なぜ?」「どうして?」というような疑問が沸いてきます。
ここでは様々なダイエットに関する疑問とその回答を2ページにわたって列記していきます。

冬太り

冬太りという言葉がありますが、本来、冬は寒さに対して体の温度を一定に保とうとするので、エネルギーの消費量自体は増えます。
この状態は「基礎代謝が上がった状態であるのだから痩せやすくなるのではないか?」と思いたくなるところですが、筋肉の熱発散を抑制し、体温を上げるためのエネルギーを消費するという状態なので残念ながら基礎代謝が上がっても痩せやすい状態になるわけではありません。
また、体温を上げるということは生命維持に関わることなので、蓄積された脂肪があるにもかかわらず本能的食欲が増し、エネルギーを蓄積しようと脳が命令を下すのです。

夏太り

夏太りという言葉もありますが、夏は気温が高いので、基礎代謝量を下げて筋肉からの熱放散や汗をかいて体温を下げようとします。
このような状態になるとエネルギー摂取を減らせと脳が命令を下し、食欲が減退します。
また、運動をすれば体温の上昇につながるので運動能力も抑制されます。
この状態は「エネルギー消費が多いのだから痩せるのではないか?」と疑問に思います。
確かに食欲が減退すれば体重は減少しますが、運動しないために蓄積した脂肪が消費エネルギーに利用されず、筋肉痩せという状態になります。
しかし、暑いためにクーラーの部屋にいたり、冷たい嗜好系清涼飲料水をを多用すれば、体を冷やすことになり脂肪の蓄積というサイクルに陥ります。
特に糖分をいっぱい含んだアイスクリームやジュースは、冷たい状態だと甘味を感じ難くなります。これらの食品は想像を絶するほどの大量の糖が含まれています。

脂肪を燃焼させるためには

夏でも冬でもダイエットにおける基礎代謝を上げるということは筋肉量を増やして、脂肪を燃焼させる場所を作り、効率よく痩せられるように運動による体質改善を目指すべきです。

お風呂に入るタイミング

食後すぐにお風呂に入ると、胃液の分泌が弱まって、胃腸の働きが悪くなり消化不良を起こします。
これは、主に体がアクティブな状態になることを司る交感神経と主にリラックスタイムや胃腸の消化などを司る副交感神経と呼ばれる自律神経が関与しています。
通常、食物を消化吸収するために副交感神経が優勢となりますが、食後すぐにお風呂へ入ると交感神経が優勢となり、消化機能を抑制するので、食後1時間~1時間半の休憩が必要となります。
因みに自律神経の交感神経と副交感神経は同時に機能せず、交互に切り替わる性質を持っています。

食後以外の入浴タイミングの注意点

食後以外の入浴では次のような場合に注意する必要があります。

お酒を飲んだ後
飲酒後の入浴は、血圧の低下や心拍数の増加を招き、体に負担をかけます。
激しいスポーツの後
運動直後は筋肉に酸素を供給して疲労を回復する必要がありますが、入浴することで血行が促進して毛細血管などを含めた体表面に血液が大量に流れるため、筋肉や臓器への血液供給量が減少してしまいます。
空腹時
胃酸過多を招き、気分が悪くなることがあります。

煙草を吸うと痩せる?

「煙草を吸うと痩せる」ということは稀ですが、あるとすれば、食欲が減退して痩せることが考えられます。
この場合は痩せるというよりも”やつれる”という表現が適切かもしれません。
喫煙はビタミンCをはじめとする微量栄養素を破壊する性質もあり、発がん性物質の宝庫でもあるので百害あって一利なしといえます。
逆に「煙草をやめると太る」というケースは多くあります。
これは、煙草自体に痩せる要素があるのではなくて、口寂しいためについつい食べ過ぎてしまうのが肥満の原因です。

肥満度をBMI指数でチェック

成人の肥満度がわかるBMI指数の自動計算スクリプトを利用して、肥満度をチェックしてください。身長と体重を入力するだけで現状の肥満度と理想体重が分かります。定期的にチェックすることによって、肥満度や体重の推移をグラフ化、HTML出力が可能です。

ダイエットにおすすめの組合せ