更年期の栄養と健康管理

女性は50歳前後に閉経を迎え、その前後約10年間を更年期といいます。更年期にはイライラ感やうつ症状、肩こり、疲労感、手足の冷えなど身体・精神の両方に様々な症状が現れます。症状やその強弱は人によって違い、ひどい場合には治療が必要になります。この時期は栄養を消費する能力や蓄える能力が減退するため、エネルギーの過剰摂取や栄養欠乏状態になることがあります。しかし、更年期は成人期に比べて仕事や生活も安定し、落ち着く時期なので、食習慣や生活習慣を見直すには絶好の機会だといえます。

更年期の特徴

女性は50歳前後に閉経を迎え、その前後約10年間を更年期といいます。更年期にはイライラ感やうつ症状、肩こり、疲労感、手足の冷えなど身体・精神の両方に様々な症状が現れます。症状やその強弱は人によって違い、ひどい場合には治療が必要になります。この時期は栄養を消費する能力や蓄える能力が減退するため、エネルギーの過剰摂取や栄養欠乏状態になることがあります。しかし、更年期は成人期に比べて仕事や生活も安定し、落ち着く時期なので、食習慣や生活習慣を見直すには絶好の機会だといえます。

更年期の栄養障害

ストレス解消のためのやけ食いや美食志向の高まりなどから食生活が乱れ、ビタミン、ミネラルが不足したり、肥満や高血圧、高脂血、高血糖、動脈硬化などの生活習慣病になりやすいので、バランスの良い食事を心がける必要があります。

更年期の骨粗鬆症

女性ホルモンであるエストロゲンには、小腸でのカルシウムの吸収促進作用と、骨からカルシウムを流出するのを防ぐ働きがあります。しかし、閉経によりエストロゲンが減少すると、骨へのカルシウム沈着が悪くなり、骨粗鬆症の原因になります。そのため、更年期の食生活ではカルシウムをいかに効率よく摂るかが課題となります。カルシウムを効率よく摂取して、カルシウムの流出を防ぐには、カルシウムを摂取すると共に吸収と骨への沈着を助けるビタミンDや牛乳やヨーグルトに含まれる乳糖、カルシウムの流出を防ぐビタミンKなどを意識して摂取する必要があります。ただし、その他のビタミンやミネラルとのバランスが崩れるほどの多量摂取は慎み、栄養全体のバランスを考える必要があります。最近では、エストロゲンのような作用を持つとされる大豆イソフラボンも適量であれば、更年期の骨の健康に一役買ってくれるといわれています。

更年期障害の症状

血管運動神経系
のぼせ、冷え、ほてり、動悸
精神神経系
頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、憂うつ感、神経過敏、癇癪(かんしゃく)、気力減退、記憶力減退
知覚神経系
痺れ感、知覚過敏、蟻走感、そう痒感、
運動器官系
肩こり、腰痛、関節痛、背筋痛
皮膚・分泌系
しもやけ、しみ、しわ、湿疹、発汗、口内の乾燥、目の乾燥、唾液分泌異常、舌痛感
消化器系
食欲不振、便秘、悪心、腹部膨満感、嘔吐、下痢、腹痛
泌尿器系
頻尿、残尿感、血尿
生殖器系
月経不順、子宮・膣の萎縮、性欲減退、性交痛、外陰そう痒感

肥満度をBMI指数でチェック

成人の肥満度がわかるBMI指数の自動計算スクリプトを利用して、肥満度をチェックしてください。身長と体重を入力するだけで現状の肥満度と理想体重が分かります。定期的にチェックすることによって、肥満度や体重の推移をグラフ化、HTML出力が可能です。

更年期対策健康食品