乳児期・幼児期の栄養と健康管理

乳児期から幼児期は、身体・嗜好・食習慣の基礎をつくる大切な時期です。発達に応じて乳汁だけの栄養から半固形食、そして固形食に進んでいきます。乳児の栄養は、充実した授乳栄養、離乳栄養が大事であり、離乳完了後の幼児は消化力が弱く、食事の摂取量も少ないので発育に応じて食品数・調理を考慮して与えていくことが大切です。

乳児期の栄養

生後5、6ヶ月までの乳児にとって唯一の栄養源は母乳です。母乳には乳児の成長に必要な栄養成分が、乳児の体内で消化・吸収されやすい状態で含まれています。母乳不足の場合は、乳児用の調製粉乳(人工乳)を与えます。最近の人工乳の成分は母乳の成分に非常に近くなっています。乳児期における発育は、生後3ヶ月~4ヶ月頃までが最も急速な体重の増加を示し、出生時約3kgとすると約2倍になり、満1年では約3倍になります。身長は生後満1年で出生時の約1.5倍になります。この時期の授乳栄養、離乳栄養は非常に大事で、発育を示す身長と体重の釣り合いは、カウプ指数早見表を用いると大変便利です。

乳児期の母乳栄養

母親による授乳は母子関係のスタートであり、母乳が十分意分泌され、それを乳児がしっかりと飲むことによって、母親しての自信や自覚が形成されます。

母乳栄養の長所
母乳に含まれる免疫体の効果で、乳児の疾病、死亡率が低くなります。
乳児が必要とする栄養素が全て含まれています。
乳児の消化・吸収・代謝の負担が少なくなります。
細菌などを含まず衛生的です。
アレルギーの心配がありません。
母子間の接触が情緒的発達によい影響を与えます。
子宮の収縮を促し、母体の回復を早めます。
手間がかからず経済的です。

初乳

初乳とは、出生後5日間分泌される母乳のことをいいます。成分は日々変化し、6日~10日は移行乳、10日以後は成熟乳と呼びます。初乳の分泌量は少ないですが、免疫物質を多く含み、たんぱく質、ミネラルが豊富に含まれているので、新生児に必要な栄養が与えられ、アレルギー防止に役立ちます。

※新生児は腸壁の選択吸収能力が未発達でアレルギーを起こしやすくなっています。

乳児期の人工栄養

乳児用調製粉乳
乳児用粉乳とは、育児用乳製品の主材料となっており、母乳に近づけるよう調整が行われたものです。
牛乳
市販牛乳を用いる場には、乳児の月数に応じて希釈し、炭水化物、ビタミン、鉄の添加や完全殺菌が必要です。そのため実際に用いるのは離乳後期の10ヶ月以降になります。

乳児期の混合栄養

混合栄養とは母乳不足、授乳時間に制限がある時など、授乳の一部を人工栄養で補うことです。方法としては母乳を与えた後、不足分を人工乳で補う方法と、母乳とミルクを別々に与える場合に、授乳時間の取れる朝夕だけ母乳を与え、他は人工栄養で補う方法があります。

離乳期の栄養

離乳とは、乳汁栄養から固形食に移行する過程を指します。機能上は乳汁を吸うことから、食物を噛み潰して飲み込むことへと移行する過程であり、この間に食品の量や種類を多くし、献立や調理の形態を変化させていくことが大切です。

離乳の必要性
乳汁のみではエネルギー、各栄養素が不足し、正常な発育や健康が保てなくなります。
離乳食を与えることによって唾液の分泌も旺盛となり、消化機能の発達と共に固形食に対する欲求が出てきます。また、乳歯の生歯を促します。
各種の食品の味や匂い、舌触りに慣れさせて味覚の発達を助長し、偏食をしない食習慣に導きます。
精神の発達を促進させます。
離乳遅延による障害
体重増加が停止し、発育不良になります。
病気に対する抵抗力が減退します。
貧血になって顔や皮膚の色が悪くなり、筋肉の弾力性がなくなります。

離乳の時期と要点

一般的に、離乳食は生後5ヶ月頃から始めて、12ヶ月~15ヶ月頃、遅くとも18ヶ月頃までに完了することが推奨されています。しかし、子供にはそれぞれ個人差があり、離乳の時期や基準に固執するより、子供の様子をみながら徐々に離乳を進めていくのが好ましいと考えられます。

離乳の要点
1日1品、1回1さじから始め、徐々に量、種類を増やしていきます。
流動食、軟食、固形食と移行します。
味付けは薄味にし、偏食しないようにできるだけ多くの食品を与えます。
卵黄は必ず加熱してから与え、卵白はアレルギーを起こす心配があるため細心の注意を払います。
空腹で機嫌のよいときを選んで与えます
蜂蜜はボツリヌス菌予防のため、満1歳までは控えるようにします。

幼児期の栄養

幼児期は基礎代謝が成人に比べて高く、成長発育が旺盛なので、各栄養素の必要量も高いため、バランスの取れた質のよい食事が大切です。骨格、歯の成長に必要なカルシウムや、体たんぱく質の合成を促す良質なたんぱく質、細菌に対する抵抗力をつけるビタミンAなどを特に気を付けて与えます。その他、骨の形成、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを十分摂取することも大切です。

幼児期の間食

幼児は1日の活動量が多いので、体が小さい割に多量の栄養素を必要としますが、消化機能が未発達なので、1日3度の食事だけでは必要量を満たすことが難しくなります。そのため、1日2回くらいの間食を与え、不足分を補う必要があります。また間食は、幼児の生活に楽しみと心のゆとりを持たせる意味でも重要です。

間食の与え方
間食の量は、1日のエネルギー量の10%程度にし、幼児期前半(1歳~2歳)は午前中10時頃と午後3時頃の2回、幼児期後半(3歳~6歳)は午後3時の1回が適正です。
栄養価が高く、胃内滞留時間の短い消化のよい食品を与えます。
間食は炭水化物の多いものとなりやすいですが、多量摂取による害を防ぐため、炭水化物の代謝を促す栄養素が含まれる牛乳や果物を一緒に活用するようにします。

幼児期の偏食と食欲不振

離乳期には、与える食品の偏り、食品の味、食事の強制、食品アレルギーなど、身体的・心理的要因の影響を受けて偏食、食欲不振が起きやすくなります。そこで嫌いな食べ物は好きなものに混ぜて少量ずつ与えたり、お腹が空くように間食を減らしたり、運動させたりするように工夫します。押し付けや強要は避けてやさしく諭すようにして、自主的に食べられるようにすることが大切です。特に母親の食習慣に左右されやすいので、好き嫌いを子供の前では絶対に言わないようにします。その他規則正しい生活をし、体のリズムを整えることも大切です。

幼児期の偏食と生活習慣病

幼児期の偏食は、長い期間を経て生活習慣病の原因となります。早ければ小学生で発症というケースもあるので注意が必要です。生活習慣病は遺伝的要素ではなく、その家庭(特に母親)の食習慣や生活習慣を受け継ぐ性質が強いので、いつまでも健康でいられるように親自身が食習慣を正し、食の楽しさや大切さを優しく教えてあげてください。