宮古島産アロエベラ

宮古島は、年間を通じて気温が高い亜熱帯気候です。このため一年中、路地での栽培(ハウスによる温室栽培でない)が可能。宮古島のアロエベラは、自然の太陽光をたっぷりと浴びて光合成をおこなうので、葉の中に養分をしっかりと蓄えています。ハウス栽培のものとの違いは、果肉(ゲル)を見れば一目瞭然。アロエはもともと熱帯地方が原産なので、日本の中でも亜熱帯の沖縄が栽培に向いているのです。

宮古島の土

宮古島は珊瑚礁が隆起してできた珊瑚石灰岩の島なので、ミネラル豊富なアルカリ性土壌。沖縄の数ある島の中でも、非常に独特な土壌です。こうした土で育てられるアロエベラは、成長の過程でカルシウムやカリウムなどのミネラルを吸収していきます。実はこれこそが、宮古島のアロエが高品質である理由。農産物にとって「土」はとても重要な要素なのです。その証拠に宮古島のアロエベラは、化学肥料や農薬によってストレスをためこんでいる田畑で栽培されたものに比べて、ゲルの粘りがおどろくほど強く、透き通っています。また四方を海に囲まれた宮古島の畑には、絶え間ない海風によって海水の飛沫が飛散します。海水にはマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので、その畑にはさらに多くのミネラルが含まれるというわけです。

アロエの秘密(ピュア)を選んだ理由

宮古島産のアロエベラは、気候や土壌など栽培する環境が最適で品質も高く、国内に流通する国産品のほとんどが宮古島産といっても過言はありません。しかし、同じ宮古島産でもとりわけ高品質で純度の高い、しかもアロエベラゲルそのものの味に限りなく近い商品が「アロエの秘密(ピュア)」なのです。アロエベラウェブショップでは、健康管理士の自分自身が納得しない限り、ウェブサイトに商品を掲載しないというポリシーを持って、試行錯誤しながら厳選したもののみを掲載していますが、製品と消費者に対する考え方がとても素晴らしい『コーラルベジタブル株式会社』で製造される「アロエの秘密(ピュア)」は、世界にも誇れる国内最高級のアロエベラジュースであると自信を持ってご紹介できる商品です。

宮古島産アロエベラの栽培とジュースの製造工程(メーカーリンク)
アロエベラ生産者のご紹介
「アロエの秘密」ができるまで

アロエベラ特集

アロエ飲料